劇団尚HOME > さとうしょう

さとうしょう

劇作家・脚本家・演出家。大阪芸術大学短期大学部 教授。

1983年人間国宝七代目尾上梅幸丈監修の下、女歌舞伎劇団尚を旗揚げ、その後市川猿之助丈のご協力を得る。現在は、商業舞台の脚本・演出。TVシナリオは「新細うで繁盛記」シリーズなどがある。
           

プロフィール

*1983年 人間国宝歌舞伎俳優七代目尾上梅幸 監修の下、
   女歌舞伎 「劇団 尚」旗揚げ。数々の歌舞伎台本創作の
 傍ら歌舞伎の所作、立廻り、衣裳、かつら
   舞台装置等を学ぶ。
*文学で専攻したシェークスピア、泉鏡花をベースに女性特
   有の鋭い感性を活かしたきめ細やかな脚本と気品を
   失わない大胆な演出が 女猿之助との評判を取り
   朝日新聞「人」コーナーにて紹介されマスコミの話題
*市川猿之助丈の助言を得、現代劇、時代劇など分野を問わ
   ず各種商業舞台にも進出、歌舞伎手法を用いてビジュ
   アルにこだわった華麗な演出とクオリティー高い脚本を目指し
   良質な娯楽作品を提供、
  女性観客層から絶大な支持を得ている。

<主な活動>

◇公共文化施設協議会自主事業にて女歌舞伎公演全国巡演。
   
◇民話の発掘 : 各地に古くから伝わる民話を発掘、戯曲化し
   地域参加の公演に協力。
   青森県芸術文化祭では三沢市文化協会の依頼を受け
   市民参加作品「小川原湖物語」が上演され、主人公の
   等身大姉妹こけしが、市役所、駅、空港等に設置された

◇シェークスピア戯曲を歌舞伎バージョンにアレンジ。博品
   館劇場隔年公演。特に高い評価を得た「桜童子」は
  シェイクスピア『真夏の夜の夢』をモチーフにアレンジ
   新感覚の時代劇として評論家各位の絶賛を受ける。
 現在はそのビジュアル的な手法を商業舞台に活かし華麗な
  舞台演出で好評を得ている。他◇日本子守唄協会:構成・演出

◇エッセイ、対談 : 教育家庭新聞、サンケイスポーツ、
     エネルギー誌、音楽誌他、自民党「りぶる」、
 関東弁護士連合会などの機関誌にて掲載。

<主な作品>
 
◆商業舞台作品は  下段 ↓ に表示

◆TVドラマ  「新・細うで繁盛記」シリーズ 沢口靖子
        「ミステリー」坂口良子などの2Hドラマ
◆その他    タンゴの生演奏と歌舞伎をコラボレーション
したビジュアル舞台、女性の観点で描かれ
る戦国時代劇など特徴ある話題作が多い。

■9月20日生まれ。おとめ座。
■好きな色 ピンク 黒 白
■好きな食べ物 チーズ フルーツ
■趣味  読書 散歩 映画
■特技  立ち回り 日舞 昼寝

作品

【舞台】
■1993年11月  『小川原湖物語』(作・演出)三沢市民会館 青森県芸術文化祭
■1996-98 女歌舞伎劇団尚公演 全国巡演
■1997年4月 新歌舞伎座(脚本)『一心太助』中村美律子
■2000年6月 新歌舞伎座(脚本)『あばれ芸者』川中美幸(※2003年7月 明治座再演)
■2000年7月 明治座 (脚本)『江戸を斬る』西郷輝彦(※2002年7月 南座・巡業)
■2000年12月 新歌舞伎座(脚本)『新版・雪之丞変化』松井誠 京唄子
■2001年11月 新宿コマ劇場(脚本・演出)『なにわ繁盛記』大月みやこ
■2001年12月 新歌舞伎座(作)『京の灯、おけら灯、春呼ぶ灯』田川寿美・大助・花子
■2002年1月 新歌舞伎座(脚本)『花の女棟梁』川中美幸
■2002年11月 吉本興業(作)『夫の代わりはおまへんで』宮川大助花子 大花劇団巡業
■2003年 1月 新歌舞伎座(脚本)『細うで繁盛記』川中美幸
■2003年4月 新歌舞伎座(脚本)『春夏秋冬ふられ節』八代亜紀
■2003年7月 新宿コマ劇場(脚本・演出)『夫婦漫才』大月みやこ
■2003年7月 明治座(脚本)『あばれ芸者』川中美幸
■2004年11月 新宿コマ劇場(脚本・演出)『十六夜心中』大月みやこ
■2004年12月 新歌舞伎座(作)『だんじり文吉』田川寿美
■2005年 6月 明治座(脚本)『五瓣の椿』菊川怜
■2005年8月 新歌舞伎座(作・演出)『祇園まつり』大月みやこ
■2006年3月 新歌舞伎座(作)『情けは殿のためならず』細川たかし
■2007年1月 博品館劇場(作・演出)『夢のまた夢』小野寺昭 鶴田さやか
■2007年3月 新歌舞伎座(作・演出)『大相撲 女将さん奮闘記』神野美伽 赤井英和
■2007年3月 新歌舞伎座(構成・演出)『神野美伽オンステージ』神野美伽 京唄子
■2007年11月  『姉妹坂』 (作・演出)芝居工房 橙  フォンテーヌ劇場
■2007年12月  『道成寺伝説』 (作・構成演出) 横内正 パストラホテル
■2008年3月 新歌舞伎座(作・演出)『弁天小僧』天童よしみ
■2008年9月  新歌舞伎座(脚本)『緋牡丹お竜』川中美幸
■2008年12月 新歌舞伎座(作・演出)『およどんお玉と熊楠博士』神野美伽 赤井英和
■2009年3月 新歌舞伎座(脚本・演出)『恋はいたずら』藤あや子 坂本冬美
■2009年11月 劇団若獅子(脚本・演出)『籠釣瓶吉原百人斬り』(浅草公会堂他巡業)
■2011年1月 博多座(脚本・演出)『恋はいたずら』藤あや子 坂本冬美
■2011年6月 新歌舞伎座(脚本・演出)『から騒ぎの森』坂本冬美・藤あや子
■2012年9月 板橋区立文化会館(脚本・演出)『夜回り先生』板橋区教育委員会後援 石橋正次 西崎みどり
■2013年3月 全国施設(脚本・演出)『道成寺伝説 ~安珍 清姫出生の秘密~』 小野寺昭

【TV】<シナリオ>
■CX  金曜エンタテイメント「新・細うで繁盛記」シリーズ 沢口靖子
■TX  女と愛とミステリー「金沢能登殺人周遊」 坂口良子 津川雅彦
■NHK  BS劇場中継「十六夜心中」脚本・演出
【作詞】 キングレコード 大月みやこ「幸せ明日も」「緋恋橋」
【その他の活動】 日本子守唄協会演出・サンケイスポーツ紙エッセイ連載
■Web ラジオhttp://www.denkipodcast.com/クロストークエネルギーゲスト出演


PageTop


Copyright 2008 Gekidan SHO. All Rights Reserved.